Closing Summer Night’s Picks

レコ発ライブ、盛況のうちに終えることが出来ました。

見に来て下さった方々始め、Opening Act と”Good Man’s Grain Field”という曲でサポートミュージシャンも務めて頂いた Yuglet Waterloo Jug Band の皆様、並びに当日 Banjo を弾いて貰ったダニースミスこと鳥越弾くん、”Stranger In Your Town”でコーラスを入れてくれた遠藤玲子さん、滝川美奈子さん、(当日は体調不良で来れませんでしたが)竹村愛さん、Tenor Sax の渡邊恭一くん、(こちらも当日は都合が付かず来れませんでしたが)Trumpet の佐瀬悠輔くん、レコーディングエンジニアの加瀬拓真さん、CDデザインをやって貰ったトルペニこと小早川慶太くん、その他 mona records のスタッフの方々始め関係者の皆様に、筆舌に尽くし難くはありますが、最高級の謝辞を述べさせて頂きたいと思います。

IMG_1414

DSC04266-1

DSC04405

<Setlist (8/26 @ 下北沢 mona records)>
(1st set)
1. Quinn The Eskimo
2. She Said Yeah
3. You Said The Black Sky
4. Short And Curlies
5. Through The Night Softly
6. Midnight Special
7. Sunday Moaning
8. Feel Run-Down Blues

(2nd set)
1. Good Man’s Grain Field
2. On Your Doorway
3. Let Me Through
4. Farewell In The Rain
5. Stop Bugging Me
6. Stranger In Your Town
7. Noontide, Twilight
8. Just A Little Consolation
(encore) The Wreck Of Her Former Self

やあ、とても濃厚な半年強でした。ようやっと全ての肩の荷が下りた気分です。
いや、CDの流通とかを考えにゃならんので、全てが無くなる訳ではないですが。

思い返すと、レコーディングをしようという話を始めたのは去年の秋頃だったと思うので、都合1年近く掛けて実現した、ということになりますか。私個人はもっとずっと前からレコーディングしたかったのですが。
レコーディングする曲を決めて、アレンジを確認して、練習を繰り返して、並行してレコスタを幾つか見に行って、中野の Volta Studio に決めて、エンジニアもお願いして、事前打ち合わせもして、レコーディングして、ミキシングとマスタリングもエンジニアの加瀬さんのサポートの下でやって、CDデザインの構想を練って、房総半島にジャケ写を撮りに行って、トルペニこと小早川くんとCDデザインを一緒に仕上げていって、プレス入稿して、レコ発の日取りを決めて、mona に連絡して、当日の打ち合わせをちょこちょこやりつつ、ゲストミュージシャンに当日参加のお願いをしたり、フライヤーも作って、、、。
うん、頑張ったな笑。

なぜこうまでしてCDを作りたかったのか、と考えると、自分でも正直よくわかりませんが、かれこれ 5 年もこのバンドをやってきて、一つも『作品』と呼べる物を作らないままでいるのは、何か、お天道様に顔向け出来ないような気がした、というのが一番近いような気がします。
誰に対する、という訳でもなく、特定の人物や組織に対しての何かではないのだけど、何かもっと大いなる、生命とか天とか、そういったものへの、責任や義務や義理、みたいなものを果たさなければ、価値がない、と思うのです。それが出来ない人間は、当然まっすぐ天に顔を向けられないし、天佑も受けられないと思うのですね。
そういう考え方が出来ない人に、何かをとやかく言われたくはないし、お前らにそんな資格も権利もない、と傲慢なことを思うことも多々ありました。
少なくとも後悔はないですね。

過ぎたるはなんとやら、と言いますが、これで少しでも何者かになれたかなあ、なんて思います。

高山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>