I Don’t Wanna Be Anyone

Bowie とか MC5 とか、そんなものになりたくはない、と言っていた。多分。
そこそこアルコール入れて見ていたのでディテールは曖昧。

62636

という訳で、Jim Jarmusch の『Gimme Danger』を見に行ってきた。
Iggy Pop が大好きでしようがなかった頃を思い出したな。面白い人だ。
俺は俺になりたい、と言ったら、なんとも陳腐な感じがするが、この人らしいと思った。

この映画を見ていて初めて知ったのだが、The Stooges の 1st に入っている “We Will Fall” はマントラを歌っていたのですね。
そう考えると、Chrispian Mills なんかよりずっと先にやっていた訳で、この人は英国のバンドサウンドに憧れて音楽をやり始めた割に、その辺の話題に上って来ないあたり、なんともらしい。

それにしても、Nico にしても Bowie にしてもそうだが、こいつをいわゆるところのアーティストか何かだと思って、何か仕掛けようとしてしまったのは、それこそバカの一言に尽きるんじゃないですかね。
だってこの人、何の理念もない、ただの stooges なんだもの。

そして、本人にそういった理念が無いのも相俟って、あんまりドラマチックな仕立てにはなり難いらしい。
Iggy Pop が特に好きという訳でも無い人にとっては、イマイチ微妙な作品のもよう。

だが、それが最高に cool なんてすね。
どれだけの人がわかっているのかな。
Johnny Rotten くらいの聡明な人ならわかっていそうだけど。

少なくとも、この人は誰の真似もしていない、数少ない人だと思う。

高山

Feeling Kinda Seasick

内房を通って、

IMG_20170902_180005-2

房総半島の最南端まで行ってみた。

IMG_20170902_144335-2

太平洋は凄いですねえ。波が半端じゃない。
台風が通っていたのもあるかもしれないけど。

こういう時の私の BGM は大体 Bob Marley か Jack Johnson です。
他にも色々聞いてるんですけどね、結局は回帰してしまう。後半、疲れが溜まってくると特にね。

しかし、東京湾アクアラインの夕方の木更津周辺からの混雑っぷりはどうにかならんのですかね。。
夕暮れ時の東京湾を走りたくて18時前には木更津に着いていたのだけど、渋滞の中漸く東京湾に出られた時には既に真っ暗という。
Exodus かよ。

高山

Leave It To The Sound

8/19(土)、三軒茶屋 Grapefruit Moon さんでのライブは無事に終了いたしました。
3年半前のデビューライブがこのハコだったものですから、演奏中なんだか感極まってきて、何度か泣きそうになってしまいました。
陳腐な言い回しですが、音楽は本当にいいですね。

<Setlist – 2017/08/19 @ 三軒茶屋 Grapefruit Moon)>
1. Good Man’s Grain Field
2. Farewell In The Rain
3. Let Me Through
4. Stop Bugging Me
5. Just A Little Consolation
6. Noontide, Twilight
7. Stranger In Your Town

写真 2017-08-19 15 05 02

当日のライブからまた2曲ほど SoundCloud に上げてあります。
Sound のページでは昔のライブ録音も一緒に聞けるようになっておりますので、ぜひチェックしてみてくださいませ。
なんかもう全曲上げてしまおうかとも思ったのですが、当日わざわざ見に来てくれた人達もいる訳で、なんとか思い止まりました。笑
今回は1曲目と最後の曲をば、よろしければご一聴ください。

『Good Man’s Grain Field』
Music and Lyrics by Hidemasa Takayama
Arranged by The Ragtime Willie

『Stranger In Your Town』
Music and Lyrics by Hidemasa Takayama
Arranged by The Ragtime Willie

さて、実は今回でライブに関しては暫くお休みしようかと思っております。
かれこれ活動を始めて4年近くになり(メンバーの変遷はありましたが・・)、未だにバンドの作品と呼べるものを残せておりませんので、暫くはレコーディング作業に没頭してみようかな、と画策しているのです。これも個人的には4,5年ぶりになりますかね。楽しみ。
めでたいことに新しく家族が増えるメンバーもおりますし、予定の調整というものに関してはこれまで以上に難しくなってくる筈ですが、まあのんびりやっていこうかと思います。

とはいえ、タイミングさえ合えばライブはいつでもやりたいと思っておりますし、(断腸の思いでお断りせざるを得ない可能性は少なからずあるものの・・)どうか懲りずにお声掛け頂ければ、僭越ながらこれ全く幸甚でございます。

また定期的に活動の模様は書いていきますので、気が向いた時にでも本HP/ブログやFacebook、Twitter等々、時々覗いてみてください。
それでは、今後ともぜひご愛顧ください。

高山

Sweetest Decline

Beth Orton はどこで何のきっかけで知ったんだったかなあ。
The Chemical Brothers 絡みだったかもしれない。
疲れた時に時々聞きたくなる。

この曲なんかは名曲だと思うのだけど、あまり知られていない気がしますね。

さて、来週8/19(土)は三軒茶屋の Grapefruit Moon さんで、お昼のイベントに出演します。
今回はフルメンバーでやりますので、ご都合よろしければ是非ご参加くださいませ。

The Ragtime Willie の出番は 14:20〜 の予定です。

◆2017/8/19(土) “Daydreams of Shackleton” at 三軒茶屋 Grapefruit Moon
 http://www.grapefruit-moon.com/index01.html
 Open/12:00 Start/12:30
 Charge/前売り¥2,500 当日¥3,000 + Drink
  松尾エリー/ Entrance Of The Forest / The Ragtime Willie

8.19昼シャクルトン

今年のお盆はあまり暑くはならないようですし、ふらっとお越しくだされば幸いです。
お待ちしておりますー。

高山

Memory Motel

タイミングが合わず未だ海に行けていない今年。
いい感じに夏のバイブは感じつつあるし、何としても行く。

などといつものようにうだうだしながら今日の一枚。
それにしても Miles はカッコいいなあ。

51kadQFoU7L._SX425_

8/19(土)の三軒茶屋 Grapefruit Moon さんでのライブですが、Twitter等でも流れております通りOPEN/12:00のSTART/12:30は決まっているものの、まだ出演順などの詳細は未定のようです。
詳細わかりましたら改めてお知らせ致しますが、お昼はどうぞ空けておいてくださいませ。サマソニと被ってはおりますが。。。
フルメンバーで、夏っぽく、頑張ってやります。

8.19昼シャクルトン

WEB上でチケット予約等も出来るようです。
https://tiget.net/events/14377

高山

Bottle Was Dusty But The Liquor Was Clean

暑い。。海行きたい。。

昨日7/16(日)の六本木 VARIT でのライブは無事に終了いたしました。
ここは渋谷の 7th Floor の系列店になるのですが、よりライブハウス的なハコでございました。
こういうステージだとやっぱり立ってやるのが映えます。

ちなみにこの場所は少し前まではクラブだった筈で、数回行ったこともあったのですが、記憶ではもう少し広いフロアだった気がする。ステージやらPAシステムやら控え室やらで、やっぱりスペース喰うようですね。

写真 2017-07-16 14 20 50

<Setlist (7/16 @ 六本木 VARIT)>
1. On Your Doorway
2. Through The Night Softly
3. Stop Bugging Me
4. You Said The Black Sky
5. Feel Run-Down Blues

当日から2曲ほど SoundCloud に上げておりますので、よろしければご一聴ください。Sound のページも更新しております。
今回は Key のマティスが不在だったため、少しアレンジを変えてやっております。
こうやってやると明らかなのですが、You Said The Black Sky という曲は Brown-Eyed Woman なのです。もしくは Flake でもあります。意図した訳でもないのですが、そうなってしまった。両曲ともに大好きなものですから。そういうこともあって、けっこうお気に入りの曲ではあるものの、フリー配信以外のコンテンツにするのはちょっと腰が引けてしまう曲でもあります。笑
もう一つは、わりと久しぶりにやったような気もする Feel Run-Down Blues をお届け。

『You Said The Black Sky』
Music and Lyrics by Hidemasa Takayama
Arranged by The Ragtime Willie

『Feel Run-Down Blues』
Music and Lyrics by Hidemasa Takayama
Arranged by The Ragtime Willie

さて、次回のライブも決まっておりまして、8/19(土)に三軒茶屋の Grapefruit Moon さんでやらせて頂く予定です。
また近くなったら改めてお知らせ致しますが、次回はフルメンバーでやりますので、是非是非お越しください。

8.19昼シャクルトン

高山

Black Mountain Rag

フラットピッキングの名手、Doc Watson が自ら教える Black Mountain Rag の奏法。
本人が「ゆっくり弾くと難しいよ〜」とか言っているのがなんか面白い。
しかし、こうやってゆっくりやっているのを聞いてみると、リズムはフラットではなくて、ちゃんとハネているのだと改めて気付かされますね。

さて、これまでにもふんわりとお知らせしておりましたが、7/16(日)に約2ヶ月ぶりにライブをやります。
今回は珍しく昼ライブで、場所も六本木と個人的にも初めての経験ですね。

The Ragtime Willie の出番は 3 バンド目、14:00頃〜の予定です。

◆2017/7/16(日) “ROPPONGI VARIT. day time showcase!” at 六本木VARIT
 http://www.r-varit.net
 Open/12:00 Start/12:30
 Charge/前売り¥2,000 当日¥2,500 + Drink
  阿部桃子 / ナギラアツシのワンダフルワールド / The Ragtime Willie

map

日曜日ですが、お昼ということで時間帯的には来やすいかと思いますし、六本木観光がてらに是非足を運んで頂ければ、大変ありがたい限りです。
どうぞよろしくお願い致します。

高山

Together Again

歌いながら Pedal Steel Guitar を弾くような人は、このイギリスの Sarah Jory という人くらいしか、寡聞にして知らないのですが、他に誰かいますかね。
この楽器、ただ弾くだけでも超絶難しいので(少なくとも私には…)、歌まで入れようとする人はあんまりいない気がする。

ダニースミスプロジェクトの最後のレコーディングで使って以来だから、もう4年近く触ってないことになるのかなあ。。
Noontide, Twilight あたりで入れてみようかと考えているのですが、相当に練習せねばならん。。

高山

Halfway To Everywhere

というようなことを考えてしまった。

IMG_20170610_160315

こっそり Schedule のページに更新してありますが、7/16(日)に六本木VARITというお店で、お昼のイベントに出演させて貰う予定です。
また詳細がわかり次第改めて告知しますが、よろしければ六本木観光がてらの観覧などご検討ください。

みんな忙しいのでね、のんびりやって行きましょう。

高山

Uncle Pen

第39代米国大統領 Jimmy Carter に招かれてホワイトハウスで演奏する Bill Monroe & His Bluegrass Boys。
えらい貴重な映像な気がするが、大丈夫なのだろうか。。

この Chorus 部分で一つのマイクに集まってくる感じがたまらん。
Wayne Lewis が最後のオブリでギターをわざわざ Chorus マイクに向けて持ち上げるのが、無駄だがカッコいい笑。

アウトロー・カントリーの御大 Willie Nelson もホワイトハウスに招かれてやっていたが、それも確か Jimmy Carter だった気がする。
ちなみに Willie Nelson はその時、普通にホワイトハウス内でマリファナを吸い始め、出禁になったという逸話がある。そこらのロックミュージシャンよりもよっぽどロックな逸話である。

とまあ、ここまでは余談で、The Ragtime Willie の方ですが、
5/5のライブ以降、例のごとく HP の更新を怠っておりましたが、細々とやっております。
ちょこちょこ次のライブも決まりつつありますので、また詳細が決まり次第、告知したいと思います。

余談が主体になってしまった。。

高山